成長因子を理解する前の前提知識|ヒト成長ホルモンとは?

ヒト成長ホルモンとは、細胞の成長と再生の役割を担うホルモンで、脳の脳下垂体前葉で作られて分泌されています。

ヒトが生活をしていくうえで必要不可欠なホルモンなのですが、ヒト成長ホルモンは20代をピークに、急激に減少していきます。

このヒト成長ホルモンの減少の効果により、人間の老化現象が引き起こされる結果となります。

つまり、人の「老化」というのは、「ヒト成長ホルモンの減少」が原因であるということができます

 

成長因子とは? 成長因子の効果とは?

【英・米】増殖因子:Growth factor。成長因子とは、年齢とともに減少していく「ヒト成長ホルモンの活性化」を促す物質の総称。

つまり、成長因子を摂取することで、ヒト成長ホルモンが活性化し、老化現象を抑制する効果があるといえます

以下に、代表的な成長因子とその効果をあげておきますので参考にしてください。

代表的な成長因子
上皮成長因子/EGF53種類のアミノ酸と3つのジスルフィド結合からなるタンパク質。EGF(上皮成長因子)は、高い親和力によって細胞表面の受容細胞に結びつくことで、細胞の増殖を導きます。その結果、痩せ細ってしまった髪質を改善し、健康的な頭皮環境につながります。
インスリン様成長因子/IGFsインスリンと分子配列が類似したアミノ酸群。インスリン同様、細胞の成長を導き、コラーゲンやヒアルロン酸といった細胞外マトリクスを増加させる効果をもちます。コラーゲンやヒアルロン酸、エラスチンの増加により、髪の毛や肌のハリ・コシをもたらします。
線維芽細胞成長因子/FGFヘパリン結合性のタンパク質のこと。細胞や組織の増殖や分化過程において重要な働きを担っている。この線維芽細胞成長因子が活性化されることで、コラーゲンやエラスチンといった成分の分泌が促され、髪の毛や肌のハリ・コシを生み出す効果をもちます。
トランスフォーミング増殖因子/TGF線維芽細胞の形質転換を促進する増殖因子。線維芽細胞成長因子の細胞外マトリクス分泌効果を補助する効果をもちます。また、別の側面として、癌などの重大な疾患に関わる細胞の増殖を抑制する効果があることでも知られています。

 

成長因子(増殖因子)を含む成分とは?

以下に、代表的な成長因子を含む成分名をあげています。

育毛ケア商品の購入時の参考にしてください。

代表的な成長因子を含む成分
プラセンタエキス
ガゴメフコイダン
リンゴ幹細胞
ヒトオリゴペプチド-1(EGF)
ヒトオリゴペプチド-13(FGF)
合成遺伝子組換ヒトポリペプチド-31(IGF)

 

成長因子が含有されているおすすめの育毛剤はこちら

バイタルウェーブ

馬プラセンタと今話題の育毛成分キャピキシルを配合した育毛効果の高い育毛剤です。

バイタルウェーブバナー

商品名バイタルウェーブ
メーカーエスロッソ
キャピキシル配合量5%
定 価11,880円(税込み)
割引価格8,200円(税込み)
内容量60ml
成 分水、エタノール、BG、アセチルテトラペプチド-3、アカツメクサ花エキス ヒト遺伝子組換オリゴペプチド-1、ヒト遺伝子組換ポリペプチド-11、合成ヒト遺伝子組換ポリペプチド-31、プラセンタエキス(ウマ)、リンゴ果実培養細胞エキス

>>より詳しい情報はこちらからどうぞ。

>>お申し込みはこちからどうぞ。