シリコン(silicon)とは?

silicon

化学元素のひとつでるケイ素のこと。シャンプーに使われる「シリコン(silicon)」とは、正確には、ケイ素(シリコン)に化学的変化を生じさせて作られたもので、「シリコーン(silicone)」が正式な呼称となります。

つまり、一般的に言われている「シリコンシャンプー」の正式な呼称は「シリコーンシャンプー」となります。

 

なぜシャンプーに「シリコン」を入れるのか?

はてな

「シリコンの入っていないノンシリコンシャンプーの方が髪に優しい」っていう話をよく聞くけど、なんで市販されているシャンプーの多くには、わざわざシリコンが入っているの?

ポイント

それは、市販の量産タイプの低価格シャンプーに用いられている「洗浄成分」に原因があります。

市販の低価格シャンプーの洗浄成分としては、「ラウレス硫酸」という成分が非常にコストパフォーマンスが良いため、主流となっていました。しかし、この「ラウレス硫酸」は洗浄力が強力すぎるため、髪にギシギシ感が生じてしまい、髪の指通りが悪くなってしまうといった問題がありました

そこで、髪をコーティングして髪の周りに被膜を作ることで、ギシギシ感を生じさせず、指通りを良くするために、「シリコン」が採用されるようになりました。

はてな

じゃあ「シリコン」は、髪を守るために入っているわけだから別に髪に悪いというわけではないんですね?

ポイント

はい。シリコンは化粧品などにも使われていて、身体に悪い影響を及ぼすというわけではありません。「シリコンは髪に悪影響を及ぼす」というような噂は間違いだといえます
但し、シリコンは「汚れを落とさなければいけない髪をコーティングしてしまう」ので、髪を洗浄するという視点で考えると、必要なものでもありません

はてな

それだと、シリコン入りのシャンプーは必要のないもの(=シリコン)がわざわざ入っていることが問題なの?

ポイント

いいえ。シリコン入りのシャンプーのデメリットは、シリコンが入っていることが問題なのではなく、「シリコンでコーティングが必要なほど強力な洗浄成分が入っていること」が問題なのです
むしろ、シリコンだけに着目すると、髪の周りに被膜を作ることで、艶のあるサラサラした髪をもたらしてくるといった嬉しい効果もあります。

ポイント

「ラウレス硫酸」のような洗浄成分が含まれているシャンプーは、安価な価格設定が魅力な反面、余分な皮脂だけでなく、頭皮に必要な皮脂まで落としてしまい、良好な頭皮環境の維持ができなくなってしまう可能性があります。

シリコンシャンプーによくある勘違いと正しい答え

シリコンシャンプーによくある勘違いと正しい答え

 

「ノンシリコンシャンプー」はなぜ髪に良いのか?

ノンシリコンシャンプーには、低刺激の「アミノ酸」や「ベタイン」といった成分が、洗浄成分として採用されています。

この「アミノ酸」や「ベタイン」のような成分は、頭皮に必要な皮脂は落とさずに余分な皮脂・汚れだけをしっかり落としてくれ、清潔な頭皮環境を保ってくれます

さらに、頭皮の潤いを保つための保湿成分等が配合されたシャンプーもあります。

こういった、「清潔かつ保湿力のある頭皮環境」を維持していけるところが、ノンシリコンシャンプーのメリットです。

 

「ノンシリコンシャンプー」を選ぶ時の注意点

先ほど話をしたように、シリコンのある・ないでシャンプーの評価が決まるのではなく、含まれている洗浄成分や保湿成分によって、良し悪しの判断が決まります。

だからこそ、「ノンシリコンシャンプーだから良いシャンプーである」というような簡単な評価を下すのではなく、

シリコンを配合する必要のないアミノ酸やベタインといった成分が配合されているから良いシャンプーである」といような評価を下せるようにしてください。

 

洗浄力・保湿力のある有用成分

以下に有用成分の一覧をつけておきますので、購入時の参考にしてください。

代表的なアミノ酸系「洗浄・保湿」成分一覧表
N-ヤシ油脂肪酸アシル-L-アルギニンエチル・DL-ピロリドンカルボン酸塩
アルキルグルコシド
コカミドプロピルベタイン
ココアミンオキシド
ココアンホプロピオン酸Na
ココイルアラニンTEA
ココイル加水分解コラーゲンK
ココイル加水分解ダイズタンパクK
ココイルグルタミン酸TEA
ベタイン
水添レシチンココアンホ酢酸
ヤシ油脂肪酸アミドプロピルベタイン液
ラウリルグルコシド
ラウリルベタイン
ラウリン酸ポリグリセル-10
ラウロイルアスパラギン酸Na
ラウロイルアラニンNa
ラウロイルシルクアミノ酸K
ラウロイルメチルβ-アラニンナトリウム液
ラウロイルメチルアラニンNa

 

おすすめのノンシリコンシャンプー一覧はこちらを参考にしてください。