薄毛や抜け毛を改善したいという思いで、とりあえずドラッグストアなどで育毛剤やノンシリコンシャンプーを購入しヘアケアを始めるというのは、よくあるパターンです。
しかし、「育毛剤」、「シャンプー」、「コンディショナー」にはそれぞれ違う役割があり、その役割を正しく理解していなければ、正しい効果は得られないのです
ここでは、それぞれの正しい役割を説明してますので、是非正しい知識で正しい育毛に臨んでください。

1.育毛におけるシャンプーの役割

  • 頭皮の余分な皮脂や汚れを落とす洗浄作用
  • 頭皮に潤いをもたらす保湿作用

この2つの作用によって、頭皮を育毛に適した清潔な環境に保つことが育毛におけるシャンプーの役割です

この洗浄力が強すぎると、頭皮に必要な栄養素まで洗い落としてしまうことになります。

このサイトでも紹介しているノンシリコンシャンプーは、育毛に適した頭皮の環境づくりをするうえで必要不可欠な上記の作用を満たしているものが多いです。
具体的にどのようなノンシリコンシャンプーを選択すればいいかという点については、こちらを参考にしてください。

 

2.育毛におけるコンディショナーの役割

  • 頭皮に潤いをもたらす保湿作用
  • 頭皮を紫外線や雑菌から守るバリア(保護)作用

保湿作用については、シャンプーの役割と被る部分もありますが、この2つの点が育毛におけるコンディショナーの役割です。

薄毛・抜け毛の進行を食い止め、育毛に適した頭皮環境をつくるという過程において特に重要になってくる部分です。

 

3.育毛剤の役割

  • 頭皮に栄養を届け発毛を促進する作用

育毛剤の中にも、保湿力が高い有用成分が配合されているものもたくさんありますが、育毛剤の主な役割は、栄養をしっかりと届け発毛を促進することです

つまり、ノンシリコンシャンプー・コンディショナーを使用することによって、育毛に適した頭皮環境づくりを行い、
育毛剤によって、頭皮に有用成分(栄養)を届け発毛を促進する
これが、「育毛剤」、「シャンプー」、「コンディショナー」それぞれの正しい役割です。