なぜ、キャピキシルは安全と断言できるのか?

その答えは、薬事法における商品分類にあります。

薬事法による商品の分類には、「医薬品」、「医薬部外品」、「化粧品」という3種類の分類があります。

ミノキシジルのような育毛成分が「医薬品」として分類されているにもかかわらず、キャピキシルは「化粧品」として分類されています。

この分類の違いに、キャピキシルの安全性の答えがあります。

 

薬事法における「医薬品」とは?

薬事法における定義

第二条  この法律で「医薬品」とは、次に掲げる物をいう。
一  日本薬局方に収められている物
二  人又は動物の疾病の診断、治療又は予防に使用されることが目的とされている物であつて、機械器具等(機械器具、歯科材料、医療用品、衛生用品並びにプログラム(電子計算機に対する指令であつて、一の結果を得ることができるように組み合わされたものをいう。以下同じ。)及びこれを記録した記録媒体をいう。以下同じ。)でないもの(医薬部外品及び再生医療等製品を除く。)
三  人又は動物の身体の構造又は機能に影響を及ぼすことが目的とされている物であつて、機械器具等でないもの(医薬部外品、化粧品及び再生医療等製品を除く。)

つまり、

「医薬品」とは、病気や疾患の治療または予防の用途で使用されることを目的とした製品です。

 

薬事法における「化粧品」とは?

薬事法における定義

3  この法律で「化粧品」とは、人の身体を清潔にし、美化し、魅力を増し、容貌を変え、又は皮膚若しくは毛髪を健やかに保つために、身体に塗擦、散布その他これらに類似する方法で使用されることが目的とされている物で、人体に対する作用が緩和なものをいう。ただし、これらの使用目的のほかに、第一項第二号又は第三号に規定する用途に使用されることも併せて目的とされている物及び医薬部外品を除く。

つまり、

「化粧品」とは、人の身体を清潔にし、美化し、魅力を増し、容貌を変え、又は皮膚若しくは毛髪を健やかに保つことが目的で、かつ人体に対する作用が緩和な製品です。

 

薬事法における「医薬品」と「化粧品」の違い

以上の薬事法の定義による違いから、目的は似通っているにもかかわらず、

「化粧品」は「医薬品」と比べて人体への作用が非常に少ないということができます。

キャピキシルの安全性が高い理由
キャピキシルは、 薬事法における「化粧品」として申請し、認可を受けています。そのため、正式に人体への影響が少ないことを認められていることになります。 このように厳しい認可を受けているため、キャピキシルは他の育毛成分と比べて明らかに利用することの安全性が高いと判断することができます。

>キャピキシルの育毛効果についての詳細はこちらを参考にしてください。