男性と女性では薄毛の原因は違います!

男性型脱毛症(AGA)とは、最初に男性型とつくように、男性にしか生じない抜け毛・薄毛の症状です。

体内の男性ホルモン物質が5αリダクターゼと呼ばれる還元酵素と化合することによって生じる5αDHTが、男性型脱毛症(AGA)の直接的な原因となります。

女性の場合は、男性と同じように5αDHTが体内で生成されることはありません。

つまり、男性と女性とでは、薄毛になる原因が全然違うのです。

▽男性型脱毛症の原因

男性型脱毛症について
初期症状生え際の後退。
頭頂部が薄くなる。
進行症状前頭部~頭頂部にかけて髪の毛の生えていない部分が広がり頭皮が大きく露出する。
根本原因男性ホルモンによる作用(5αジヒドロテストステロン(5αDHT))。
5αDHTとは?男性ホルモン物質。テストステロンという男性ホルモン物質が、体内の5αリダクターゼという還元酵素と化合することで5αDHTに変換される。
5αDHTの作用強力な発毛抑制作用。つまり、髪の毛が生えてくることを抑制してしまい、新しい髪の毛が生えなくなってしまう。

▽女性型脱毛症の原因

女性型脱毛症 
初期症状毛髪の張り・コシが低下し髪の毛が細くなる。
男性型脱毛症のような生え際の後退はみられない。
進行症状髪の毛が細くなることで、頭部の毛髪密度が低下し、頭皮が髪の毛の隙間から覗いて見えるようになってしまう。
原因加齢による髪の衰え。
女性ホルモンの減少。
更年期以降、男性ホルモンに対する女性ホルモンの相対的構成比が低下する傾向にある。
ホルモンバランスの変化。
女性ホルモンバランスが崩れても、脱毛の原因となる。
甲状腺ホルモンの低下。
過度のストレス。
自律神経のバランスが崩れると、活性酸素が生じ、ヘアサイクル(髪の毛が生え変わるサイクル)に影響を与える。

表でみると分かるように、女性の抜け毛・薄毛は、年齢の経過女性ホルモンの減少ストレス食生活による栄養の不足などが主たる原因です。

つまり、適切なヘアケアをして、ホルモンバランスを保ったり、ストレスのたまらない環境づくりを行ったりしていくことが大切なのです。

 

男性用育毛剤の使用はNG!!

女性の薄毛・抜け毛対策おける最もNGなことは、とりあえず男性用育毛剤を使ってみるということです。

男性用の育毛剤の多くは、体内の男性ホルモンが化合して生じる5αDHTという発毛抑制物質を抑えることを目的の一つとしています。

女性の場合は、そもsもこの5αDHTという物資が生成されないので、逆に体にとって悪影響を与えてしまうこともあり得るのです。

女性の場合は、低刺激のアミノ酸系シャンプー女性向けに開発されている専用の育毛剤を利用することが最も効果的です。